ダンボールコンポストによる生ごみの堆肥化

「ダンボールコンポスト」は、ダンボール箱と基材を利用して生ごみを堆肥化する方法です。
段ボールコンポスト

生ごみを入れ始めてから1~2週間すると、不思議にダンボール内の温度がどんどん上がります。これは自然界の微生物たちが生ごみの栄養と水分、空気中の酸素で生ごみを分解している証。
約4ヶ月後には良質な堆肥ができあがります。
ベランダでも手軽にできる「ダンボールコンポスト」にチャレンジしてみませんか?
ダンボールコンポストで堆肥つくり

1.準備するもの
・ダンボール箱(箱の中に、中敷きダンボール紙を入れる)
・基材(ピートモス10リットル+もみ殻燻炭15リットル)
・ダンボールを置く台(通気性の良いもの、苗かごなど)
・虫よけキャップ
・スコップ(生ごみと基材を混ぜるのに使用)
・温度計(生ごみの分解状況をみる)
・生ごみ

2.ダンボール箱を組み立てる
虫の侵入を防ぐために、ダンボール箱の底面と縦のつなぎ目にクラフトテープを貼り、2重底用ダンボールを入れる。
段ボールの組み立て

テーピングは必ずクラフトテープを使うこと。

3.基材を箱に入れる
基材を箱に中に入れ、かたまりをほぐしながら、ピートモスと燻炭を手でよくかき混ぜる。

4.ダンボール箱を置く
【置き場所】
雨がかからない、できれば日当たりの良い所
【通気性の確保】
ダンボール箱の下に通気性の良い苗カゴを置く
ダンボール箱の上下左右どの面も床や壁に接触しないように置く

5.生ごみ
貝類以外はすべていれて良い(肉類、魚類、甲殻類、野菜、果物、海藻など)
・生ごみを細かくすると分解が早い
・茶がらなどは水切り不要
・玉ねぎの皮など乾燥したものは、分解に時間がかかる
・食用廃油、魚のアラ、炭水化物は分解促進に役立つ
入れてはいけないもの【貝類、雑草、剪定くず】など

6.生ごみ堆肥の作り方
【1日目】
基材の中央に穴を掘り、生ごみをまとめて入れる
生ごみ堆肥の作り方の図

上から基材をかけて生ごみが見えないように埋める。

虫よけキャップをかぶせる
虫よけキャップの写真

虫の侵入を防ぐために、キャップはシワができないように正しくかぶせ、下をゴムなどで止める。
虫よけキャップの作り方を見る

【2日目以降】
前回入れた生ごみを混ぜる
生ごみを混ぜる

空気を入れ込むようによく混ぜ、固まりがあるときはほぐす。

生ごみを投入する
生ごみを投入する

生ごみの投入は一日500~700gが目安です。一日の生ごみが多い場合は、ダンボールコンポストを増やして下さい。

生ごみを埋める
生ごみを埋める

生ごみが見えないように、周りの基材で埋めてから虫よけキャップをかぶせる。
生ごみ(肉・魚類)が基材からはみ出ているとアンモニア臭の原因になる。
ダンボールコンポスト1箱で、50~60kg(4人家族で約3ヶ月分)の生ごみが処理できます。
Point!
生ごみの分解が遅くなった時は「切かえし」よくかき混ぜているつもりでも、底の方には、まだ新しい基材が残っています。
大きなシートやビニール袋の中に、ダンボールの中味を入れてもみほぐして箱に戻すと、中味が生き返ります。この作業を「切かえし」といいます。
「切かえし」を、期間中2回位行うと均一な良い堆肥ができます。
7.生ごみ投入を終了するタイミング
生ごみを入れても分解が進まず、ベタベタ感、アンモニア臭がするようになった時は、生ごみの投入を止めて熟成に入ります。

8.堆肥に熟成する
生ごみの投入を止めたら1週間に1度程度、1~1.5リットルの水分を入れて、混ぜて分解を進めます。
堆肥に熟成

生ごみの形がほとんどなくなり、水分を入れても温度が上がらなくなれば、堆肥の出来上がりです。
Point!
熟成期間は約3週間から1ヶ月間
熟成中も虫よけキャップをかぶせる
水分が多すぎると悪臭の原因となるので注意
すぐに使用しない時は乾燥させ密封保存
堆肥の使い方
プランター
堆肥1:土4の割合で混ぜこみ、3週間程度寝かせて熟成させてから、種まきや苗植えをする。

大根など根の深い物は、割り肥として使う。
根の浅い葉物は、全面に施肥する。
植え付けの2~3週刊前までに、生ごみ堆肥、米ぬか、鶏ふん、過リン酸石灰などと一緒に土に混ぜて使う。

虫よけキャップの作り方
Tシャツを裏返し山形にカットする
虫よけキャップの作り方1
前と後ろの部分を持って広げる
虫よけキャップの作り方2
脇の部分が中心となる
虫よけキャップの作り方3
15cmの位置で縫い余分な部分をカットする
虫よけキャップの作り方4
中心(脇部分)を持って広げる
虫よけキャップの作り方5

山形に縫いできあがり
虫よけキャップの作り方6

※参考PDF
はじめよう!ダンボールコンポスト.pdf
ダンボールコンポストQ&A.pdf
ダンボールコンポスト成功のポイント.pdf


EMぼかしによる生ごみの堆肥化