大井小学校環境学習

8月27日(金)に大井小学校で4年生の社会科の「ごみのしょりと利用」の時間にゲストティチャーとして参加しました。
課題:ごみを減らすことを考えよう

内容は

  •  レッツゴー3Rのビデオ鑑賞
      3Rとは
      なぜ3Rが必要か
        ①私たちの暮らしに欠かせない資源に限りがあるから
        ②もうすぐごみを捨てる場所がなくなっちゃうから
      まずはリデュース、そしてリユース、しれでもゴミになるものは
      資源としてリサイクル
  • パワーポイントで説明
     ①恵那市のごみの状況
       ごみの処理費用、ゴミの排出量:可燃ゴミが82%
       一人当たりのごみの排出量は全然減っていない
     ②可燃ごみを減らすには
      ・可燃ごみの中身
      ・3キル(使いキル、食べキル、水をキル)で生ごみを減らそう
      ・雑がみ分別で紙ごみを減らそう
      ・使い捨てプラスチックをできるだけ使わないようにしよう
  • 体験学習として
     資源の分別の体験
  • まとめ
     リデュース、リユース、リサイクルの順番が大切
     ゴミを減らすために自分たちでできることを考え実践しよう

<子供の感想>

・ごみの種類がたくさんあり、きちんと分別すれば資源となることが分かった。

・ごみの問題をより身近に感じた。正しく分別できるようになりたい。

・マイバックやマイボトルを使うことを日常にしていくことで、レジ袋軽減につながると思います。ゴミは分別することは、当たり前にできるようにする。まずは、できることから少しずつやっていく。

・リサイクルできるものは、なるべくあらってエコプラザに持っていく。お買い物に行くときはマイバックをかならす持っていく。やさいは皮まで食べる。着れなくなった洋服をおそうじに使う。(雑巾代わりにする)

<我が家で出来るごみ減量作戦>
 第1位 詰め替えのできる商品を選んで使う。
 第2位 必要なものを必要な分だけ買う 。
 第3位 マイボトルにお茶や水を入れる。
 第4位 冷蔵庫にあるものだけで料理を作る日を作る 。
 第5位 マイバック・マイカップ・マイはし・マイボトルを使う。