環境学習三郷小学校

10月1日(木)に三郷小学校の4年が環境学習の時間にふえらいエコプラザにおいて恵那市のごみの現状や3Rの大切さを学んだり分別体験を通して自分でできるごみ減量は何かを考えてもらいました。
課題:ごみを減らすことを考えよう
<内容>
 ・回収場で、回収品は何があるか調べる。
 ・ レッツゴー 3R ビデオ鑑賞とパワーポイントでの説明
 ・3Rとは
 ・なぜ3Rが必要か
 ・恵那市のゴミ 処理金額、排出量‥‥可燃ごみを減らすことが重要・紙ごみを減らそう:雑紙を分別してリサイクルに出す
 ・生ごみを減らそう:3キル(使いキル、食べキル、水をキル)
 ・プラゴミ問題
<体験学習として>
 ・回収場でのゴミの分別の体験
 ・回収場でどんなものが集められていたか発表する

まとめ
・可燃ごみを減らすために   リデュース、リユース、リサイクル
・ゴミを減らすために自分たちでできることを考え実践しよう

<児童の様子>
・DVDを真剣に見て3Rについてメモをとりクイズにも積極的答えてくれました。
・パワーポイントで恵那市の現状や紙の作り方のところなどメモをとりながらよく話を聞いていました。
・分別体験では、金属のところが、飲料缶と他のものと分けるのを迷っている児童もおり難しいようでした。
・分別体験は初めての児童もおり、良い経験になったと思う。児童も「今日の経験を生かして分別をしていきたい」と言っていました。