2020年秋かぶ物語

2020年 秋の実証圃 蕪(早生大かぶ)の収穫調査結果

1.目的:生ごみ堆肥により化学肥料を削減し、生ごみも有効活用
 できることを実感してもらえる場(実証圃)として活用する。

2.調査方法:
 試験圃を3分割し、A区は堆肥のみ、B区は堆肥+化学肥料、C区は
 化学肥料のみとし、蕪を育て、収穫量や味の違いを調べる。

施肥方法

  A区
  堆肥のみ 
  B区
堆肥+化学肥料
  C区
化学肥料のみ
堆肥   15kg/畝  15kg/畝   0
化学肥料(畑作名人)    0  100g/畝  200g/畝
追肥    0   50g/畝  100g/畝

3.生育経緯
  8月26日(水)肥料全層施肥
  9月16日(水)蕪の種まき(早生大かぶ)。
           60cm幅、20cm間隔で5粒まきを各区7列
 10月 2日(金)間引き。1株当たり2本立ちに。
 10月 7日(水)第2回間引き。2本立ちを1本立ちに。追肥。
 11月21日(土)収穫(播種後 66日)

4.生育状況
 10月 7日(水)播種後21日の外観
    生育量は、B区>A区>=C区 で堆肥の効果あり。
 11月 7日(土)播種後52日の外観
    C区に比べA区の葉は小さく色も薄い。B区はやや小さい。
 11月19日(木)播種後64日の外観
    A区、B区、C区の生育量の差は益々大きくなってきた。
    A区の葉は黄色く、下葉が枯れてきた。

5.収穫調査結果
  調査日 11月21日(播種より66日後)
 1)育成調査
    各区中央部の15株について計測。
    ① 全重量 (15株の茎葉と根重を含めた重量)
     A区:11.0kg、B区:12.0kg、C区:17.3kg
    ②葉の長さ(cm)

    A区
  堆肥のみ 
  B区
堆肥+化学肥料
  C区
 化学肥料のみ
 平均   50.8cm  63.6cm  70.2cm
 最大   53.5cm  71.0cm  75.0cm
 最小   48.0cm  59.0cm  66.0cm

     A区<B区<C区 と大きく生育の差が出た

③15株の蕪の収量(根重)

    A区
  堆肥のみ 
  B区
堆肥+化学肥料
  C区
 化学肥料のみ
全重量   7.2kg  7.4kg  8.2kg
 最大   778g  1029g  840g
 最小   369g  365g  112g

④蕪の胴回り長さ(cm)

    A区
  堆肥のみ 
  B区
堆肥+化学肥料
  C区
 化学肥料のみ
 平均   32.9cm  33.2cm  33.5cm
 最大   38.5cm  42.7cm  40.4cm
 最小   30.1cm  29.0cm  19.8cm

    全重量は、C区>B区>A区であり、
    収量も、C区>B区>A区の順であったが、A区の蕪は家庭
    菜園として十分評価に耐える大きさであった。
    A区は他区に比べ収量、根周のバラツキも少なく揃っていた。

2)食味調査収穫した株を生のまま、味比べをした。
    A区の蕪は、甘くておいしいという評価が多かった。
    C区の蕪は、シャキシャキし蕪らしい味と評価された。
    過去2年間の評価と同じように、A区の蕪が一番甘くて美味
    しいという評価だった。

3)調査のまとめ
    堆肥区は、茎葉の生育量が小さく、生育後期に葉色が黄化し
    たが、これは肥料成分の不足によるものと思われる。堆肥区
    は、収量が化学肥料区に劣ったものの、蕪球の大きさも悪く
    なく、揃いも良好で、味の評価も良好であったことから家庭
    菜園としては十分評価できる成績であった。

味比べの感想

 A区 堆肥のみ B区 堆肥+化学肥料 C区 化学肥料のみ
とっても水っぽくておいしかったですABと比べて水分が不足気味
味のある蕪です
おいしかった
甘いので生でも食べれる
甘くておいしかったです
果物みたいです
漬物、サラダに向いているかな昔ながらのかぶらの味がしました
甘いかたいシャキシャキ
甘い  梨みたい 
やわらか
シャキシャキ
水々しい 
甘味がある 
やわらかい
甘みがある
シャキシャキ感がある
苦みもあり蕪らしい